私たちの想い

「店づくりは人づくり」

私たちファーマテックは、
地域の皆さまにとっていつも身近な存在でいるために、
「店づくりは人づくり」ということにたどり着きました。
そこで働く一人ひとりの意識を大切にし、
患者さまのための店づくりを目指しています。

株式会社ファーマテック
代表取締役

蛭沼 創一

を売る時に一番大切なのは「人」です。人を大切にしなければ物は売れません。それは対象が薬であっても同じこと。それが「店づくりは人づくり」ということです。

『そよ風』のネーミングは、赤ちゃんからお年寄りまであらゆる患者様にとって爽やかで心地の良いサービスを真心を持って提供できる薬局をイメージしたものであります。更に私達は高齢化社会の中で店舗を飛び出し、患者様宅を訪問して医療・福祉・介護に精一杯寄り添った、お薬と人としてのスペシャリストとして歩んでいく為のネーミングでもあります。どこでも誰からもいつでも”そよ風さん”の愛称で地域に密着した店舗運営ビジョンに掲げ社員一同その先を見つめてまいります。

企業理念

地域に密着した“かかりつけ薬局”としての取り組み

私たちファーマテックは、地域の患者様一人ひとりの“かかりつけ薬局”でいることを目標に掲げ日々努めております。しかし、全ての患者様に対して私たちが出来ることは同じではありません。医療モール、高齢者住宅施設、在宅、それぞれの患者様に特化した取り組みをご紹介します。

都心部を中心とした医療モールとの連携

患者様の生活上の足となっている公共交通機関の駅から徒歩数分以内における医療機関、特に、複数の診療科を持つ医療モールに対応した薬局展開を進めています。私たちは、ご来店頂く地域の患者様の利便性を重視しております。既存店においては、近隣の医療機関だけではなく、数多くの医療機関からの処方箋を承っております。

  • 丸の内ファーマシー

  • シンクパークファーマシー

高齢者住宅施設の患者様への対応

高齢化が進むにつれて、来局の困難な患者様が増加すると予想されています。患者様、医療機関、高齢者福祉施設等の皆様からご要望があれば、処方箋を待つだけにとどまらずお薬をお届けに伺ってご説明出来る体制を整える必要があると考えています。これは介護療養病床等を今後減らす方向性が打ち出されているのに伴い、薬需要が病院から施設や高齢者住宅に移行してくるのを見据えた薬局展開を行っております。

  • そよ風薬局 くすのき台店

  • そよ風薬局 大宮店

在宅の患者様への対応

私たちは、在宅の患者様への対応に特化した薬局作りも同時に進め、将来は地域の基幹薬局となることを目指しています。時には、看護師さんやヘルパーさんともコミュニケーションをとり様々な角度から情報をキャッチする努力もしています。またクリーンベンチを導入した店舗では、無菌製剤にも対応しております。

  • 元気堂薬局